利便性に優れた人気の自動販売機~簡単設置マジック~

電気代を考える

値段

設置台数を増やせば売り上げが伸びるとは限りません

日本における自販機は諸外国と比べて格段に設置台数が多いと言われます。商店やコンビニエンスストア等の商業施設では必ず設置されていますし、企業等でも従業員への福利厚生の一環として社内に自販機を設置されていることもよくあります。無人で販売が可能なために人件費が不要で収益効率が高い自販機は個人で自宅近隣に設置する場合もあります。自販機は小型店舗としての役割を担っていると言えるでしょう。しかし、通常の商店では品揃えの充実が不可欠ですが、自販機の台数を増やして品数を増やしても売り上げが伸びる訳ではない傾向にあります。従業員数が多ければ設置台数を増やすことは有効でしょうが、収益目的であれば台数を増やすことは電気料金分の経費が増加するので注意しましょう。

不案内ならば近くにある自販機を見ましょう

地球温暖化への取り組みは国際的な協力が必要な事柄ではなりますが、現代の文明社会を維持しながらの急激な変化は非常に困難ですから、僅かな継続的な積み重ねが大切と言われています。自販機は電力で稼働しているため、近年は省エネルギー化が進められていて1990年代の機種よりも消費電力は半分以下になっています。自販機で商品が出てこない等のトラブルが発生しても無人ですから対応者がいませんが、管理者の連絡先等が記載されたステッカーが貼られています。また、2005年からは警察機関等との協力を目的として自販機本体には住所表示ステッカーが貼られています。これは事件や事故等が発生した時の通報の際に近隣に設置されている自販機を確認すれば住所が分かるようにするための取り組みです